【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉

【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉



【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉ブログ:16-10-10


読者様
こんにちは

「低炭水化物減量」ってかなり注目されていますし、
実践している人も多いみたいですね。

確かに過剰に炭水化物を摂取することは、
減量にとっては、
決していい結果をもたらしてはくれません。

でも、
あまり極端に炭水化物の摂取をカットすることは
危険なんですよね。

特にミーたちの脳というのは、
ブドウ糖しかエネルギー源にすることができないといわれています。

減量中は、
好きなスナック菓子を我慢したりして、
よくイライラするという人がいますが…

もしかすると、
食事から炭水化物を極端にカットしたことで、
ブドウ糖が十分に脳にいきわたらずに、
イライラなどの感情を引き起こしていることも考えられるんですよね。

なので、炭水化物を適度にとることは
非常に大事なんです。

炭水化物については、もう一つ誤解があります。

それは、炭水化物として摂取したものは
すべて脂肪として貯蔵されるという誤解です。

確かに余分になった炭水化物については、
脂肪という形で身体の中に貯蔵されます。

しかし余らなければ、
脂肪として貯蔵されることはないんですよ!

特に体操をした直後は、
炭水化物が脂肪になることは少ないでしょう。

体操をした後に摂取された炭水化物については、
筋肉などに糖分という形で運ばれていくようです。

炭水化物を分解した糖分は
優先的に筋肉や肝臓に運ばれていくんだそうです。
体操によって失われた糖分を補給するためです。
ですから、なかなか余分が出てこないんです!

適度な体操をすれば、
脂肪という形で炭水化物が貯蔵されなくなるんです。

いくら減量とは言え、
炭水化物を目の敵にするのはよくないと思いますよ!

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)
【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉

【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉

★メニュー

【お役立ち情報】駅前に多くの店舗を構える不動産屋
【お役立ち情報】賃貸物件にも様々なタイプがある
【お役立ち情報】最初に不動産屋のクチコミ情報を確認しよう
【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定
【お役立ち情報】理想を叶えたいなら良い不動産屋を選ぼう
【お役立ち情報】安全そして安全性のあるマンション型賃貸物件
【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来る
【お役立ち情報】家賃だけでなく管理費や駐車料金もチェック
【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉
【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸の達人│賃貸の悩み解消情報くらぶ