【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査

【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査



【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査ブログ:17-03-15


文明が発達したおかげで、
あたしたち人間は、
どうしても午前中食を食べざるをえなくなった。

そのために一日3食になってしまい、
その結果、食事の量が増えて、
それが食事過剰になり、内臓は疲労しきって、
病気を発症してしまう…

人間の身体は元々は一日1食であり、
文明が始まると共に一日2食になった。

発達した文明を維持するために
一日3食にすれば、
脳に栄養が送り届けられるが、
内臓が疲労しきってしまうのである。

ママとしては
息子がたくさん食べ物を食べてくれれば
健康に育ってくれると思ってしまいがちだが、
現実はそうではない。

一日3食で大食いしていたら、
確実に病気になるし、バカになってしまう。

我が子を健康にしたいのなら、
一日2食半に抑え、
一日の内、1食だけ多目に出せばいい。

平日は夕食を多目に出し、
休日は12時食を多目に出せば、
息子は内臓を疲労することなく健康に育ち、
高い知能を発揮できるようになる。

ママにしても
一日3回も食事を作っていたら、
疲れ切ってしまう…

ママ自身が疲れ切っているために
料理がワンパターンになり、
挙句の果てはお惣菜を買ってきたり、
レトルト食品や冷凍食品やインスタント食品で
済ましてしまうようになる。

そのような食事をしていれば、
息子の健康に悪影響が出て来るのは必至。

それに一日3食だと
食費だって高くつき、家計を圧迫してくる。

食費を多く出して
家族が健康になってくれれば、
その出費は有効であろうが、
出費が多いのに家庭内で病人が続出では
その出費は削減した方がいいのである。

家計が苦しいという前に、
一日3食の食事パターンを改めるべきだと思う。



【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査

【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査

★メニュー

【お役立ち情報】駅前に多くの店舗を構える不動産屋
【お役立ち情報】賃貸物件にも様々なタイプがある
【お役立ち情報】最初に不動産屋のクチコミ情報を確認しよう
【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定
【お役立ち情報】理想を叶えたいなら良い不動産屋を選ぼう
【お役立ち情報】安全そして安全性のあるマンション型賃貸物件
【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来る
【お役立ち情報】家賃だけでなく管理費や駐車料金もチェック
【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉
【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸の達人│賃貸の悩み解消情報くらぶ