【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来る

【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来る



【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来るブログ:14-12-11


グッドモォニング♪.....φ(-ω-。)。o○(ネムィ…)

最近、減量をする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
減量の見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

あたしの周りにも、
「炭水化物抜き減量」をしている仲間がいますが…
あたしは、炭水化物を全く抜く減量というのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物を食事から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
12時間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な12時間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
肉体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

―地球滅亡まであと427日―
【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来る

【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来る

★メニュー

【お役立ち情報】駅前に多くの店舗を構える不動産屋
【お役立ち情報】賃貸物件にも様々なタイプがある
【お役立ち情報】最初に不動産屋のクチコミ情報を確認しよう
【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定
【お役立ち情報】理想を叶えたいなら良い不動産屋を選ぼう
【お役立ち情報】安全そして安全性のあるマンション型賃貸物件
【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来る
【お役立ち情報】家賃だけでなく管理費や駐車料金もチェック
【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉
【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸の達人│賃貸の悩み解消情報くらぶ