【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定

【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定



【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定ブログ:14-05-28


産後減量の重要なポイントは
食べる事と適度な運動です。

では、
産後減量中の食生活について、
何に注意すれば良いかと言うと…

まず、産後減量に有効な食品として、
ビタミンやミネラルが豊富な食品を
多めに食べた方が良いと思います。

ただ、果物に含まれる果糖は思いのほか高カロリーなので、
食べるのであれば朝か11時、
または3:00のおやつとして、少量摂るという形にしましょう。

また産後減量だけでなく
普通の減量であっても天敵である、油物。
たまに無性に食べたくなる時ってありますが、
そんな時には衣をつけず素揚げの方がカロリーは少ないですよ。
夕食よりも11時食時に食べるようにしましょう。

加工食品も脂質や糖質、塩分が高いので極力避けたい食品です。
佃煮や漬物も、できれば自家製のものを少量に抑えたいところです。

産後の体調が安定してきたら高カロリーな食品を避け、
低カロリーで高タンパクな食品を中心にした食べる事メニューにしましょう。

また、24時間三食をきちんと食べる事を摂る事も重要です。
食生活が不規則だと普通の減量もそうですが、
産後減量も成功しません。

あと、お味噌汁をできるだけ具沢山にして作れば
一品で多くの野菜を摂る事ができますよ。
またおでんも低カロリーな食べる事なのでオススメ!

ただし、
はんぺん等魚肉の加工製品は、意外と高カロリーなので要注意!
おでんを作る時に、だしで煮ただけの大根やニンジンをとりわけておけば
離乳食としても活用できますよ。

色々と食べる事など工夫して、
手間なく産後減量に取り組みましょう!

【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定

【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定

★メニュー

【お役立ち情報】駅前に多くの店舗を構える不動産屋
【お役立ち情報】賃貸物件にも様々なタイプがある
【お役立ち情報】最初に不動産屋のクチコミ情報を確認しよう
【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定
【お役立ち情報】理想を叶えたいなら良い不動産屋を選ぼう
【お役立ち情報】安全そして安全性のあるマンション型賃貸物件
【お役立ち情報】審査に合格して賃貸契約が出来る
【お役立ち情報】家賃だけでなく管理費や駐車料金もチェック
【お役立ち情報】2年経過をしたら家賃交渉
【お役立ち情報】実際に暮らしているイメージで現地調査


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸の達人│賃貸の悩み解消情報くらぶ