インターネットや賃貸情報誌などで「これだ!」と思った物件があったら、すぐに担当の不動産屋に確認の電話をして、契約済みとなってしまっていたら再度検討しなおしましょう。
もしも用意出来る予算に無理があるようでしたら、条件の幅を広めて不動産屋に相談をしてみると良いかもしれません。
不動産屋の担当者に対して、自分の理想となる条件を伝えましたら、その条件が本当に現実的に可能なのかを確認することが大切です。
不動産屋に問い合わせをして、雑誌で公開されている物件情報がどれほど正しいのかを確認しておくと良いでしょう。

 

探している賃貸物件の条件を広げることによって、少しでも自分の求める物件に近いものが見つかることがあります。
もし条件を広げるのが嫌なのでしたら、家賃を上げるしか他には方法はありません。 最近では少なくなってきましたが、不動産屋の中には悪質な行為をしている業者も実際にあります。
相談に来ているお客さんの立場になって真剣に考えてくれない不動産屋には注意が必要です。





オーダーカーテンの最新情報
URL:http://lucra.co.jp/
オーダーカーテンチェック


【お役立ち情報】貴方が考えている賃貸条件を設定ブログ:18-07-15

減量で大切なことは
「24時間三食食べる」ということなんですよね。

そんな当たり前のことが、
何で減量の役に立つの?と
疑問に思われるかもしれませんが…

太った人の特徴として、
「ほとんど無意識のうちに何かを食べていることが多い」んですよね!

例えば…
テーブルの上にあるスナック菓子やフルーツなどに、
腹が減っているわけではないのに、
何となく手を伸ばしてみたり、
テレビを見ながら何かを食べていたり、
午後の残り物を「もったいない」などと言いながら、
何のためらいもなく、時間差で食べてみたり…
こんな傾向、あなたにはないでしょうか?

もっと極端な人になると、
冷蔵庫の前を通るたびに、扉を開けて何かをつまんでみたり、
職場のデスクの上や引き出しにスナック菓子を常備して、
思いついては食べてみたり…

結局、彼らはほとんど無意識のうちに
24時間5回6回と、食べ物を口に運んでいることになります。

つまり、
「24時間三食食べる」ということは、正確には
「24時間三食しか食べない」ということで、
とにかく24時間に食べる食事の回数をキチンと決めて、
まずは「それを守ることから始めないと…!」という意味なんです。

また、
どうしても甘いものやスナック菓子が止められない人は、
その三食の内で食べれば良いので、
スナック菓子などを一切禁止!という意味ではありません。

古典的な減量法の一つに、
食事の前に「水」を飲むという方法がありますが…

「水」に、ダイエット効果があるわけではなく、
「食事の前に水=水を飲まずに食べない」というルールを作ることで、
日頃あまり意識されない食事が無意識に減ったり、
食事の全体像が本人に分かりやすくなり、コントロールしやすくなった結果、
減量につながるんですよね!